入居までの流れ

■入居の対象となる方

以下のすべての条件を満たしている方となります。

  • 寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする方
  • 自宅で生活(介護)が困難な方
  • 介護保険で要介護と認定された方

■申込方法

「ユニット型指定介護老人福祉施設入居申込書」に必要事項を記入の上、介護保険被保険者証の写し、また、在宅サービスを利用している方は、直近のサービス利用票及び別表の写しを添えて、事前に電話予約の上、事務所窓口へお持ちください。

申込書ダウンロードはこちら

adobe readerをお持ちでない方は以下よりダウンロード、インストールしてください。
Adobe Reader ダウンロード

■入居までの流れ

1.申込み
(要介護度1~5の方が対象)
個人情報ですので適切に管理させていただきます。
2.入居判定委員会
(3ヶ月に1回)
本人様の身体状況やご家族様の就労状況など、総合的に検討させていただき、上位に挙がった方からご家族様へ入居の打診を行います。
3.ご家族様へ連絡 入居の意志がある場合、自宅・老健・グループホーム・有料老人ホームなど、
本人様の生活されている場所へ訪問致します。
事前に担当ケアマネジャー様には情報提供を依頼しております。
4.面談 いただいた情報を元に、本人様のADLについて確認させていただきます。
5.診断書作成
(規定の様式がございます)
診断書が完成しましたら、施設まで郵送、または持参していただきます。
6. 協力病院への確認 夜間看護師が不在となるのですが、その環境で生活することが可能かどうかを協力病院の先生に確認させていただきます。
7. 入居日の決定
(入居可能と判断された場合)
再度ご家族と持ち物などの確認を行います。担当ケアマネジャー様へ入居日の日程について連絡を差し上げます。
8. 診療情報提供書の作成
(入居日までに)
かかりつけの医師が作成したものであれば、様式は特に問いません。
9. 入居 入居されてから数日後にご家族様同行で、協力病院にて新入居検査を行います。処方までに数日かかるため、入居後約1週間の薬の確保をお願いしております。